製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーセンター | eShop

RS232 エクステンダー


IC485SN

RS-232 シリアルポートはほとんどのコンピューターに搭載されているインターフェースです。しかしその転送速度や転送方式のために、産業用途の長距離データ転送インターフェースとしては効果的な ソリューションではありません。
一方RS-422 やRS-485 インターフェースは異なる電圧の信号線を使い分けることができるため、RS-232 のような制限はありません。
IC485SN シリアルインターフェースコンバーターはRS-232 信号とRS-422/RS-485 信号を相互変換するデバイスです。IC485SN はPoint to Point、マルチドロップ、シンプレックス方式でのデータ通信を最大1200m まで延長することができます。またRS-232側からのバスパワーで稼働するため、外部電源が不要です。
IC485SN の導入によって、標準的なコンピューターを使用して長距離データ通信システムの構築が可能になります。

3年保証 rohs

同梱品

  • ユーザーマニュアル×1
  • RTS(送信要求)信号によってデータ転送をコントロール可能
  • DCE/DTE 切替スイッチ付き
  • Point-to-Point、マルチドロップ、Simplex、Duplexリンク選択可能
  • 4芯全二重/4芯半二重対応
  • 外部電源不要
  • ※必ず同型番の組合せでお使いください
  • ※メーカー保証は、同型番の組合せ利用時のみになり、他の組合せは保証対象外になります

 

コネクターDB-25ピン メス×1(for RS-232)
ターミナルブロック×4(for RS-485)
RJ-11×1
スイッチSW1:DCE、DTE
SW2:TxON、RxON
   TxRTS、RxON
   TxDTR/RTS、RxDSR/ON
ケーブル長最大 1200 m
データ伝送速度最大 100 Kbps
電源仕様バスパワー
消費電力最大0.9 W
動作環境
動作温度0~50°C
保管温度-20~60°C
湿度0~80% RH、結露なきこと
ケース
ケース材料プラスチック
重量0.06 kg ( 0.13 lb )
サイズ(W×D×H)55×79×21 mm
同梱品ユーザーマニュアル×1