製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーセンター | eShop

ATEN KVMスイッチをPS/2接続する際のご注意

2009年3月25日
サポート情報

  平素はATEN製品をご愛顧くださいまして、厚く御礼申し上げます。

  弊社のKVMスイッチと一部のサーバ機をPS/2接続した際に、キーボード/マウス操作において予期しない動作が発生しているという一部のお客様のご報告に基づき、調査を行いました。その結果、USB KVMケーブルまたはUSB KVMモジュールを使用すると正常に使用できるということが判明しましたので、以下の通りご案内申し上げます。



    確認されている事象:
    サーバとATEN KVMスイッチをPS/2 KVMケーブル(またはPS/2 KVMモジュール)で接続すると、KVMスイッチ自身に不具合がないのにもかかわらず、「キーボード・マウスの入力遅延や入力不可」「ウインドウが勝手にポップアップする」等、キーボード・マウス操作が正しく操作できない状態になる。

    対象サーバ:
    これまでに弊社調査で下記サーバの一部で当事象が発生することを確認しております。
    NEC: EXPRESS 5800 シリーズの一部
    HP: PROLIANT シリーズの一部

    回避策:
    上記のサーバでも、USB KVMケーブル/モジュールで接続すると、正常に使用できます。KVMスイッチに異常が発生しているわけではございません。

  ATENジャパン株式会社では、当事象を事前に回避するため、USB KVMケーブルまたはUSB KVMモジュールによる接続を推奨しております。 PS/2でご使用になる場合は、購入前の動作確認のご協力として、無償の機器貸出サービスも行っております。本件に関してご不明な点がある場合や、製品貸出を希望される場合などは、下記サポート窓口までお問い合わせください。


サポート情報に関するお問い合わせ

ご連絡窓口
ATENジャパン株式会社 サポート部
TEL :03-5615-5811
MAIL:support@atenjapan.jp
受付時間:午前9時~午後6時(土・日・祝日を除く)