DVIデュアルディスプレイに対応したKVMスイッチを発売
~最適化されたデュアルディスプレイ環境で作業を効率化~

 


2009年6月25日
新製品リリース

  ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、マルチメディアデバイスユーザーをターゲットにした「CubiQ (キュービック)」シリーズの最新作として、DVIデュアルディスプレイ対応のコンピューターの操作を切り替えるKVMスイッチ CS1642 を発表します。出荷開始日は7月9日です。

  本製品の導入によって、KVMスイッチを接続した環境でもデュアルディスプレイの広いデスクトップ画面が利用できるのに加え、複数のコンピューターで2台のディスプレイを共有することでデスクスペースを最適化できるのが特長です。DVIデュアルディスプレイ対応KVMスイッチの登場を待ち望んでいたユーザーにも十分満足いただける製品です。

CS1642

製品の主な特長とメリット

  1. DVIデュアルディスプレイ対応
    本製品はDVIデュアルディスプレイに対応した2台のコンピューターの切替が可能です。コンソールディスプレイ2台の広いデスクトップ画面を使って作業を効率的に進めることができます。

  2. デュアルリンクDVI対応
    デュアルリンクDVIに対応し、ディスプレイ1台あたり最大2,560×1,600の解像度での表示が可能です。高解像度に対応した複数のディスプレイを扱うグラフィックデザイナー、金融・医療各関係者から、パワーユーザーに至るまで、幅広い層のユーザーに満足いただけるグラフィック環境を提供します。

  3. オーディオ/HDCP対応
    製品にはマイクやスピーカーを接続することができます。また、ブルーレイディスクや地上波デジタル放送等の保護されたデジタルコンテンツも、本製品を使って切替再生が可能です。

  4. コンピューター間でのUSBデバイスの共有が可能
    製品フロントパネル、リアパネルにはUSB2.0ハブポートを各1ポート搭載。このポートにフラッシュメモリ、プリンター、スキャナー等のUSBデバイスを接続することで、デバイスへのアクセスも製品上で切り替えることができます。KVMスイッチの機能にUSBデバイスの切替機能を組み合わせたことによって、KVMスイッチの活用の幅を大きく広げます。


標準売価および出荷開始日
製品型番
標準売価(税別)
出荷開始日
\53,000
2009年7月9日



製品に関するお問い合わせ

ご連絡窓口
ATENジャパン株式会社 営業推進部
TEL :03-5323-7170
MAIL:sales@atenjapan.jp
受付時間:午前9時30分~午後6時(土・日・祝日を除く)