製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーセンター | eShop

迅速で正確な操作感

PS4/Slim/Pro/PS3/Xbox 360/Xbox One/One Sゲーム機用ゲームコントローラーエミュレーター

従来のゲームコントローラーよりも早くて正確な操作感を実現

詳細はこちら
PHANTOM-S™とは 特長 動画 ダウンロード FAQ

PHANTOM-S™
PC ゲームのような早くて正確な操作感

プレイステーション(PS4、PS3)やXBOX360、XBOX OneでのFPSゲームにおいて、ゲームコントローラーを使用すると、すばやくエイミングが出来なかったりして、思うようにプレイできないということはありませんか?そのような場合は、「PHANTOM-STM」が役に立ちます。PHANTOM-STMはFPSシューティングゲームにおいて、キーボード・マウスを使用することで、こうした従来のゲームコントローラーを使用するより早く正確な操作感を実現します。

PHANTOM-STMには、ATENが誇る信号変換テクノロジーが搭載されているため、スムーズなマウス動作による正確なエイミングの他に、マクロ設定や、ノートパソコンを使用した操作などが可能になります。また、本体はファームウェア更新に対応しているため、ゲームプレイ環境を向上させることができます。本製品を使用すれば、キーボードやマウス操作をカスタマイズして、FPSをより楽しくプレイできます。 

banner

PS4™ リモートプレイおよびXboxゲームストリーミング対応

ATENのPHANTOM-Sは、PS4™ リモートプレイ、Xboxゲームストリーミングの両方に対応しているので、コンピューターからゲーム機を操作できます。アプリケーションをインストールしたPCにPHANTOM-Sを接続すれば、キーボード/マウスを使用して、離れた場所にあるゲーム機を引き続きプレイすることができます。

ノートパソコンのキーボードが使用可能

キーボード/マウスの他に、ノートパソコンのキーボードを使用しても、PS4、PS3、XBOX 360、XBOX Oneのゲームをプレイすることができるので、非常に便利でスムーズなゲーム操作をお楽しみいただけます。

ゲーム専用セットアッププロファイルがダウンロード可能

人気のゲーム用のセットアッププロファイルがダウンロードいただけます。このプロファイルには、ゲーム毎に設定されたキーボードマッピングやデッドゾーンが含まれています。さらに、自分専用のプロファイルを保存したり、ATEN PHANTOM-Sオンラインコミュニティを通じて他のプレイヤーとプロファイルを共有することもできます。

Xbox One/One S オーディオパススルー対応

PHANTOM-SはXboxコントローラーのオーディオ機能全てに対応しているので、コントローラーに対応ヘッドセットを直接接続して、好きなアクションの音声を聞いたり、ゲーム中の手を止めることなく、チャット音声を簡単に調節したりできます。

正確な操作性、柔軟なチューニング機能

無料のソフトウェアを使用するので、セットアップや自分好みのキーボード/マウスマッピングを簡単に行うことできます。マウス感度や配置、マウスDPI、デッドゾーン、ADSデッドゾーン、マクロ等、通常コマンドが8つ以上必要な複雑なアクションもボタン一つで実行できます。

ビデオ

FAQ

PHANTOM-Sのご購入前に関するご質問

PS3、 PS4、 PS4 Slim、PS4 Pro、Xbox 360、Xbox OneおよびXbox One Sに対応しています。
注意:
  • PHANTOM-S™の最新ファームウェアを入手してください。ファームウェアはWebサイトからダウンロード可能です
  • PS4、PS4 Slim、PS4 Proの場合、純正の有線PlayStation DualShock 4コントローラーをmicro USBケーブルにて接続してください。
    ※PS4 Slim、PS4 Proでプレイする場合は本体ファームウェアV1.2.116以降にアップグレードしてからご利用ください。
  • PS3の場合、純正の有線PlayStation DualShock 3コントローラーをMini USBケーブルにて接続してください。
  • Xbox Oneの場合、Microsoft純正のXbox OneコントローラーをMicro USBケーブルにて接続してください。
  • Xbox 360の場合、本体別売のMicrosoft純正の有線コントローラーを接続してください。
いいえ、必ずしも必要はありません。PHANTOM-S™はPCが無くてもゲームコントローラーを本製品に直接、接続してご使用いただけます。しかし、詳細な設定を行う場合は、Windows(Vista/7/8/8.1以降)の動作するPCまたはノートパソコンが必要になります。
  • キーボード・マウスは、有線およびワイヤレスの両方に対応しています。1台のUSBドングル(送受信機)でワイヤレスキーボード・マウスを管理している製品を使用する際には、本製品のキーボードポートにUSBドングルを接続してください。
  • Bluetoothキーボード・マウスには対応していません。
はい、PHANTOM-S™USBジョイスティックおよびゲームパッドに対応しています。
いいえ。本製品はJIS配列109キーボードやUS配列104キーボードなど、標準配列のキーボードのキーに対応しています。本製品のソフトウェアを使用して、ご使用のキーボードやマウス、ジョイスティックの操作コマンドを登録したマクロを最大8個、標準配列のキーに割り当てることができます。
PHANTOM-S™は各ゲーム機のコントローラーとして使用できるため、様々なジャンルでご使用いただけます。
現時点では、Windows Vista/7/8/8.1以降にのみ対応しています。
Xbox – 純正のXboxコントローラーのオーディオ機能全てに対応しています。ヘッドセットを対応するコントローラーに直接接続して、お楽しみいただけます。

PS3 – 使用できません。但し、ヘッドセットのオーディオのみ使用する場合は、USBオーディオアダプターを使用して、ヘッドセットをPS3に直接接続してください。

PS4 – 使用できません。但し、ヘッドセットのオーディオのみ使用する場合は、USBオーディオアダプターを使用して、ヘッドセットをPS4に直接接続してください。


PHANTOM-Sのセットアップに関するご質問

  • プレイするゲームの設定にて視点移動の感度を最大にしてください(詳細はゲームの取扱説明書を参照ください)。
  • マウスのハードウェアDPI(感度)を確認し、PHANTOM-S™ソフトウェアにてヘルプの設定からDPI値を変更してください(詳細はユーザーマニュアルを参照ください)。
  • PHANTOM-S™ソフトウェアにてマウスのデッドゾーン設定を調節してください(詳細はユーザーマニュアルを参照ください)。
  • 好みの速度で動作できるように、マウスの感度をPHANTOM-S™ソフトウェアで調節してください(詳細はユーザーマニュアルを参照ください)。感度の設定が高すぎる場合、マウスをわずかに動かした時にコマ落ちのような動作などが見られますので、その場合は感度を落として調整を行ってください。その後、ゲームとPHANTOM-S™の感度を落としていき、最適の感度になるまで調整を行って下さい。A
  • ご利用のマウスとキーボードを任意のキーにゲームコントローラーのボタンをマッピングしてください(詳細はユーザーマニュアルを参照ください)。
  • まず、PHANTOM-S™は、USBケーブルで各コントローラーと接続し、更にPHANTOM-S™PS4に接続された状態でのみご使用いただける製品です。コントローラーをPS4本体に直接接続しないようにしてください。F
  • コントローラーのライトバーがブルーの色で点灯している場合、PS4本体とコントローラーがPHANTOM-S™を経由せずにBluetooth経由で接続されていることを意味します。その場合、下記の手順に沿って設定をしてください。
    1. PS4で使用しているコントローラーの電源全てを切ってください。 
    2. PS4本体からPHANTOM-S™ を外した後、再びPHANTOM-S™PS4本体に接続してください。
  • PHANTOM-S™、PS4本体およびコントローラー間の接続状態が1の状態でコントローラーのライトバーがイエロー (充電状態)に点灯していることを確認してください。それでもPHANTOM-S™が正常に動作しない場合は、PHANTOM-S™や接続しているキーボード・マウスの電源が不足していることが考えられるため、さらにUSBケーブルを別途使用して、PHANTOM-S™Powerポートへ給電をして、十分な電源が供給されるようにしてください。
  • PHANTOM-S™、PS4本体およびコントローラー間の接続状態が手順1の状態(コントローラーのライトバーがイエローに点灯)であることを確認してください。それでも非対応である旨のメッセージが表示された場合、下記の手順に沿って設定してください。
    1. PS4本体と全てのコントローラーの電源を切ってください。
    2. PHANTOM-S™からキーボードとマウスを外してください。但し、コントローラーは接続したままにしてください。
    3. PS4本体の電源ボタンを押して、PS4に電源を入れてください。
    4. 次に、PS4本体とPHANTOM-S™、コントローラーが全てUSBケーブルで接続されており、全て電源ONの状態になっているか確認してください。(この時、コントローラーのライトバーがイエローに点灯しているのが正しい動作となります。 
    5. キーボードとマウスをPHANTOM-S™に再度接続してください。
1. コントローラー、キーボード、マウスをそれぞれPHANTOM-S™の対応ポートに接続してください。
2. 設定を開始するにはPHANTOM-S™に接続されたコントローラーの「Select+Start」ボタンを同時に押してください。
3. マウスの感度を調節するには十字キーの「上(感度を上げる)」「下(感度を下げる)」キーを、ADS時のマウス感度を調節するには「左(感度を上げる)」「右(感度を下げる)」キーを押してください。
4. 続けてキーマッピングの設定を開始するにはPSボタンを押してください。
5. キーマッピングはゲームコントローラーの任意のボタンを押してから、キーボードのキーまたはマウスのボタンを押してください。PHANTOM-S™が、キーボードのキーまたはマウスのボタンがマッピングされたことを認識すると、PHANTOM-S™からピッと音が鳴ります。
6. 最後に設定した内容を保存して終了するには、「Select+Start」ボタンを同時に押してください。 

注意:PHANTOM-Sソフトウェアを使用してマッピングを行うこともできます。詳細は、本製品のユーザーマニュアルをご参照ください。
デッドゾーンとは、ゲームコントローラーのスティック入力で微妙に入力しても反応しない、つまり「遊び」のことを言います。これはマウスをスティック操作として使用した際に、適切な設定を行わないと遅延や、イレギュラーな動作が起こる原因となります。このデッドゾーン(遊び)を小さくすると、ゲームでのスナイピングでの動作をよりシャープでスムーズにすることができます。しかしにデッドゾーン(遊び)を完全に無くすと、マウスの遅延がなくなり、動作をさらに正確にすることができますが、マウスを持ち上げた時の微細な振動も入力として認識してしまう側面もあります。またこのデッドゾーンはゲームによって異なるためゲーム毎にデッドゾーンの調整を行うことを強く推奨いたします。
デッドゾーン(遊び)を調整するには下記の手順に沿って設定してください。

【PS3/PS4での設定方法】
1. 設定を開始するにはPHANTOM-S™に接続されたコントローラーのPS3は「Select+Start」、PS4は「Share+Options」ボタンを同時に押してください。 
2. 左右のデッドゾーンを調整開始するには、[]ボタンを押して下さい。
3. [○]ボタンで、デッドゾーン(遊び)を減らし、[×] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[]ボタンを押して保存してください。 
4. 上下のデッドゾーンを調整開始するには、[]ボタンを押してください。[] ボタンでデッドゾーン(遊び)減らし、[×] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[] ボタンを押して保存してください。
    5.  斜めのデッドゾーンを調整するには、[]+[] ボタンを同時に押してください。[] ボタンでデッドゾーン(遊び)減らし、[×] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[] ボタンを押して保存してください。
         6. 設定が完了したら、PS3は「Select+Start」、PS4は「Share+Options」ボタンを同時に押して設定モードを終了してください。

【Xboxでの設定方法】
  1. 設定を開始するにはPHANTOM-S™に接続されたコントローラーの「Back+Start」ボタンを同時に押してください。
  2. 左右のデッドゾーンを調整開始するには、[X]ボタンを押して下さい。
  3. [B]ボタンで、デッドゾーン(遊び)を減らし、[A] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[X]ボタンを押して保存してください。 
  4. 上下のデッドゾーンを調整開始するには、[Y]ボタンを押してください。[B] ボタンでデッドゾーン(遊び)減らし、[A] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[Y] ボタンを押して保存してください。
  5. 斜めのデッドゾーンを調整するには、[X]+[Y] ボタンを同時に押してください。[B] ボタンでデッドゾーン(遊び)減らし、[A] ボタンでデッドゾーン(遊び)を増やします。設定が完了したら、[Y] ボタンを押して保存してください。
       6. 設定が完了したら、「Back+Start」ボタンを同時に押して設定モードを終了してください。

注意:デッドゾーン(遊び)の詳細設定は、PHANTOM-S™ソフトウェアのみ設定可能です。手順の詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。




マクロとはキー入力またはマウスを1度クリックするだけで、登録された操作を繰り返し行えるようにするものです。

例えば、「上、下、左、右、X、○」というボタン操作を、キーボードの[Y]キーを入力するだけで実行するように設定できます。マクロは最大16個割り当てることができます。 ただし、キー入力間隔などの設定は出来ないため、正確なタイミングを要するようなコマンド入力、例えばリコイルコントロール(弾道補正)などの用途には使用できないので、ご注意ください。

ゲーム中にマクロキーを有効にするにはPHANTOM-S™ソフトウェアにて登録後、キーボードの[F11]キーを押してください(下図参照)。 

ADS (Aim Down Sights)とは、例えばFPSでスナイパーライフルにて照準器を覗いている視点のことを言います。ADS設定では、そのスナイピング時のマウスの感度を設定することで、通常時のエイミングとは異なる操作感度に変更して命中精度を上げることができます。 

ADS感度は、PHANTOM-S™ソフトウェア、またはダイレクトマッピングモードにて設定可能です(下図参照)。


ターボモードとは、コントローラーの任意のボタンに個別に3段階の連射速度、使用有無の設定を割り当てた状態でプレイするモードのことです。ターボモードを使用するには、ボタン設定を行った上で、このモードを有効にする必要があります。

ゲーム中にターボモードを有効にするには、キーボードの[F10]キーを押してください(下図参照)。


指定のプロファイルに切り替えるには、キーボードの[F1]から[F8]を押してください。
1. ATENジャパンのWebサイトを開いてください。 
2. 規約を確認し、ファームウェアをダウンロードしてください。
3. ファームウェアアップロードパッケージを解凍し、PHANTOM-S™をコンピューターに接続してください。
4. PHANTOM-S™ソフトウェアを起動してください。アップグレードを開始するには、ソフトウェア画面上部のメニュー「Help」から「Firmware upgrade(ファームウェアアップグレード)」をクリックしてください。

注意:手順の詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。
はい、キーボードの代わりにWindows(Vista/7/8/8.1以降)の動作するノートパソコンのキーボード部分を使用して、ゲームの操作ができますので、設定が反映されているかなどのチェック時にご利用ください。また、ノートパソコンを使用するには下記の手順に沿って設定してください。

1. ノートパソコンにてPHANTOM-S™ソフトウェアを起動してください。
2. ノートパソコンをPHANTOM-S™に接続してください。
3. [F12]を押して「Play」(プレイ)モードに切り替えてください。
4. ノートパソコンのキー入力がゲーム機本体へ送信されます。再度[F12]を押せば、プレイモードは終了し、ノートパソコンのキーボード操作に戻ります。