製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーセンター | eShop

ラップトップUSBコンソールアダプター


CV211
Interop Tokyo, Japan Taiwan Excellence 2018

Interop Tokyo 2017「Best of Show Award」グランプリ受賞製品

Interop Tokyo 2017 「Best of Show Award」グランプリ

CV211は、ノートパソコンをコンピューターのUSBコンソールとして使用可能にするラップトップUSBコンソールアダプターです。CV211を使用すれば、ノートパソコンをサーバーやATM、キオスク端末、アミューズメント機器等に直接つなぐだけで、トラブルシューティングをすぐに行うことができます。

本製品は、双方向ファイル転送やホットキーマクロ、リモート側の操作のビデオ録画やスクリーンショットにも対応。バーチャルメディア機能は、直観的なGUIビューアを使用して、ファイルアプリケーションやOSパッチ、ソフトウェアのインストール、診断テストをリモートから簡単に行うことができます。GUIコンソールウィンドウは自動的にウィンドウのペインをリサイズして、リモートコンピューターのデスクトップと同じサイズと解像度に調節することも、手動でお好きな画面サイズに調節することもできます。このコンソールウィンドウのサイズ調節を行うことで、画面をスクロールすることなく、サーバーのデスクトップ画面全体を参照できます。

持ち運びに便利でコンパクトな筐体には、ケーブルをまとめることができるクリップを搭載。CV211は、ATMやキオスク端末等、コンソール(キーボード/マウス/モニター)を常時設置できないコンピューターのトラブルシューティングやメンテナンスを行うのに役立つ製品です。

3年保証 rohs 最大5年オプション保証対応_ゴールド

同梱品

  • USBタイプA - ミニUSBタイプBケーブル(1.8m)×1
  • クイックスタートガイド×1
  • ノートパソコンをサーバーやATM、キオスク端末のUSBコンソールとして使用可能
  • ノートパソコンとPC間で、双方向ファイル転送が可能
  • アナログビデオ解像度 - 最大1,920×1,200@60Hz
  • バーチャルメディア機能 - ファイルアプリケーション、OSパッチ、ソフトウェアのインストールやテスト診断が可能
  • ビデオ録画機能やスクリーンショット機能により、リモート操作を記録保存することで、将来的なトレーニングやトラブルシューティングに活用可能
  • マウスダイナシンクTM対応 - ノートパソコンとPCのマウス動作を自動同期
  • 多言語対応オンスクリーンキーボード搭載
  • ホットキーマクロ対応 - 対象のコンピューターに対して特定の操作を実行するキー入力を設定することで、タスクを正確かつ効率よく実行可能
  • リモートウィンドウ内の操作パネルをクリックするだけで簡単に操作できるツールバー搭載
  • デスクトップスケーリング機能 - リモートデスクトップウィンドウのサイズや解像度を、画面サイズや比率で調節可能
  • ホットプラグ対応
  • プラグアンドプレイ対応 - セットアップ用ソフトウェア不要
  • ファームウェアアップグレード対応
  • ケーブルをまとめるのに便利なクリップを搭載
  • 対応OS -  Windows 2000、XP、Vista、8、10、10.1
コンピューター接続数1
コネクター
ラップトップUSBコンソール(LUC)ポートミニUSBタイプB メス×1
KVM(コンピューター)ポートキーボード/マウス:USBタイプA オス×1
モニター:D-sub15ピン オス×1
LEDブルー×1
電源
消費電力2.35W
動作環境
動作温度0~40℃
保管温度-20~60℃
湿度0~80% RH、結露無きこと
ケース
ケース材料プラスチック
重量0.13 kg ( 0.29 lb )
サイズ(W×D×H)54×71×31 mm
同梱品USBタイプA - ミニUSBタイプBケーブル(1.8m)×1
クイックスタートガイド×1