製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーセンター | eShop

統合管理ソフトウェア


CC2000

CC2000は、複数のデジタルスイッチやIT機器を統合し、システムからユーザーの管理まですべてリモートから一元化することのできる統合管理 ソフトウェアです。本製品の導入によって、広域に分散したデータセンターや支店にあるIT機器でも遠隔地から一括して管理できますので、少ない管理者で効率的にシステムの運用を行うことが可能です。

Ver.2では、従来バージョンでのALTUSENシリーズのOver the NETシリーズのデバイスの統合管理に加え、VMwareやブレードサーバーの統合管理も可能に。物理サーバーと仮想サーバーの混在環境の一元管理を実現する、ハイブリッドタイプのKVM ソリューションに進化を遂げました。

CC2000ライセンスパッ追加スレーブ
型番ノード数マスタースレーブ型番ノード数マスタースレーブ
CC2000TN321-CCS1--1
CC2000XL641-追加ノードライセンス
CC2000LE1281-型番ノード数マスタースレーブ
CC2000LS2561-CCN11--
CC2000SD51211CCN1010--
CC2000PS2,04815CCN5050--
CC2000PM5,12019CCN100100--
CC2000PL無制限115CCN500500--
CC2000MX無制限131CCN10001,000--
    CCN1000010,000--

[統合管理]

  • エンタープライズシステムの一括管理 - 複数のATEN/ALTUSENデバイスを統合管理
  • シングルポータル、シングルサインオン、シングルIPアドレス - 各デバイスへのセキュアなアクセス環境を提供
  • シングルツリービューに全デバイスを集約し、時間や場所に制限されないデバイスへのアクセス・運用管理を実現
  • マスター/スレーブの構成によって、リアルタイムのデータベース更新等の機能の冗長性を確保
  • 二重冗長 - マスターサーバーの冗長スレーブに加え、スレーブサーバーの冗長スレーブも設定することが可能
  • KVMポート、シリアルポート、デバイスの電源アウトレットを関連付けて、一つのWeb画面で管理することが可能 - アクセス時に使用するインターフェースを一本化
  • マルチプラットフォーム対応 - Windows、Linux対応
  • 対応ブラウザ -IE、Chrome(但しバージョン41まで対応)、Firefox、Safari、Mozilla
  • 特定のイベント発生時には指定のユーザーにメール通知
  • システム設定、メンテナンスタスクの自動スケジューリング機能
  • CC2000および管理デバイスのシステムイベントをログとして記録
  • セッションログにはシリアルデバイスの履歴も記録
  • ATEN/ALTUSEN デバイス自動検出機能搭載 - デバイス使用可能状況や警告内容を表示
  • アクティブなユーザーセッションやポートをリアルタイムで参照・管理・切断することが可能
  • ロールベースアクセス制御(RBAC)
  • Webブラウザの多言語対応メニューを提供 - 運用前のトレーニングに必要となるコストを削減し、生産性を向上
  • 汎用デバイス対応 - CC2000からサードパーティーのネットワークデバイスにリダイレクト可能
  • 広範囲をカバーするレポート機能
  • ブレードサーバー対応 (IBM BladeCenter E、BladeCenter S* / HP c3000、c7000* / DELL M1000e、PowerEdge 1855/1955*)
  • APC PDU(AP79xx、AP89xx、AP86xx)対応
  • Dell DRAC 5、 iDRAC 6、 IBM RSA II、 HP iLO 2、iLO3、iLO4、 Dell CMC、 IBM AMMおよびHP OAのシングルサインオンに対応
  • アクセス権の統合が可能 - Web、SSH/Telnet、 VNC/RDP、 SPM、 KVMスイッチ、シリアル、ターゲットデバイスへの電源操作
  • VMware virtual infrastructure (Center Server/ESX Server/Virtual Machine) 対応
  • 電源管理デバイスとの連携を強化 - KVMポートをATEN/ALTUSEN PDU製品の電源アウトレットに関連付けし、製品インターフェースを使ったサーバー電源のリモート管理が可能に
  • Webベースのウィザードでデバイスのインストールも簡単
  • マスターはスレーブからデバイスのポートネームの割り出しが可能。また、マスターはデバイスポートネームをスレーブに送信することが可能
  • 高度なログ検索
  • 高機能なセッション管理機能 - マルチセッションを統合 (ATENデジタルKVMスイッチ、ブレードサーバー、Vmware、PDU等)
  • 使用ライセンス数を抑えられるアグリゲートデバイス - 複数ポートをシングルノードライセンスに統合
  • データエクスポート・インポート機能 - リモートサーバーまたはローカルで、インポートやエクスポートの即時実行やスケジューリングが可能。データエクスポートはAES/DES暗号化に対応
  • OOBC、PAP・CHAP認証対応
  • IPv6対応
  • NTS対応 - 使用デバイスは管理者によって割り当てられたサーバーから正確な時間を取得可能
  • SNMP Manager V1、V2c、V3対応
  • Citrix XenServer対応(V.2.2で対応)
  • Syslog対応

[高度なセキュリティ機能]

  • 内部認証、外部認証の両方に高度なセキュリティ機能を提供 - 外部認証はLDAP、LDAPS、Kerberos、Active Directory、RADIUS、TACACS+、NTドメイン対応。認証されたユーザーのみデバイスへのアクセスが可能
  • CC管理デバイス経由での認証を必須にすることによって、デバイスへの直接ログインを制限することが可能
  • X.509デジタル証明書準拠
  • TLS 1.2暗号化によるデータ通信およびRSA 2018-bit認証によりブラウザからのセキュアなユーザーログインが可能
  • 自由に変更可能なセッションタイムアウト
  • サーバーアクセス権限はユーザーまたはグループ単位で設定可能
  • 強力なパスワード保護機能 - 変更可能なログイン試行可能回数とユーザーIDロックアウトのパラメーターはSAS 70準拠
  • デバイスはブラウザ上の名前、MACアドレス、IPで自身を認識 - KN/SN/PNの各デバイスのIPはブラウザ上に非表示
  • IPアドレス、MACアドレスによるフィルタリング機能
  • 認証が必要なリモートアクセスはログに履歴を記録
  • プライベートCA認証対応
  • キーボード/マウス、ビデオ、バーチャルメディアの各信号の個別暗号化 - 各信号の暗号化方式は56-bit DES、168-bit 3DES、256-bit AES、128-bit RC4、ランダムの中から選択可

[ALTUSEN Over IP製品との併用で利用可能な機能]

  • BIOSレベルの操作
  • バーチャルメディア
  • バーチャルリモートデスクトップ
  • 終了マクロ
  • マウスダイナシンク - ローカルとリモートのマウスカーソルの動きを自動同期
  • パネルダイナアレイ (パネルアレイモード) - 一画面を分割し、複数のポート出力の監視が可能
  • メッセージボード - ログインユーザー間のコミュニケーションを実現
  • 拡張可能なビデオ表示
CC2000サーバー システム要件対応プロセッサ Intel® Pentium™4 2.6GHz以上
必要メモリ容量:512MB以上(1GB以上推奨)
必要ディスク容量 :500MB以上
ネットワーク転送速度:100Mbps以上(ギガビットLAN推奨)
対応OS:
 Windows: 2000、XP、2000Server、Server 2003、Server 2008、Vista、7
 Linux:Red Hat Enterprise Linux V4、V5、Novell SUSE Enterprise Server 9、10

Windows、Linuxのいずれの環境においても、Java Runtime Environment(JRE) 6 Update 11以降のバージョン(最新版推奨)のインストールが必要です。

<CC2000クライアント システム要件>
対応OS:IE 6以降、Firefox 1.5以降、Mozilla 1.7以降、Chrome 41以前
動作環境
動作温度0~40°C
保管温度-20~60°C
湿度0~80% RH、結露なきこと
ケース
ケース材料メタル、プラスチック
重量0.01 kg ( 0.02 lb )
サイズ(W×D×H)28×85×14 mm
対応ATEN製品
対応KVMスイッチ<リモートアクセス対応KVMスイッチ>
KL9108/KL9116、KL1508Ai/KL1516Ai、KN1000、KN1108v/KN1116v、KH1508Ai/KH1516Ai、KN2116A/KN2132/KN4116/KN4132、KN2116v/KN2132v/KN4116v/KN4132v、KN2124v/KN2140v/KN4124v/KN4140v、KN2116VA/KN4116VA、KN2132VA//KN4132VA、KN4164v/KN8132v/KN8164v、CN8000、CN8600、CS1708i/CS1716i

<シリアルコンソールサーバー>
SN3101、SN0108/SN0116/SN0108A/SN0116A/SN0132/SN0148、SN9108/SN9116

<電源管理デバイス>
EC1000、EC2004、PE5108、PE5208、PE6108、PE6208、PE6216、PE6324、PE7108、PE7208、PE8108、PE8208、PE8216、PE8324、PE5324TA、PE5342TB


クイックスタートガイド

cc2000_management_software_qsg_en.pdf (2.89 MB)

説明バージョンリリース日ファイル名
Firmware Upgradev2.1.206 cc_usbkey_fw_v2.1.206.zip
Firmware Upgradev2.1.205 cc_usbkey_fw_v2.1.205.zip
Firmware Upgradev2.1.204 cc_usbkey_fw_v2.1.204.zip
Firmware Upgradev2.1.201 cc_usbkey_fw_v2.1.201.zip
OS説明バージョンリリース日ファイル名
認証キーステータスソフトウェア
CC2000 AuthKeyStatus Softwarev2.2.211 ccauthkeystatus_v2.2.211.zip
CC2000 AuthKeyStatus Softwarev2.1.205 ccauthkeystatus_v2.1.205.zip
CC2000 AuthKeyStatus Softwarev2.1.201 ccauthkeystatus_v2.1.201.zip
パッチファイル
LinuxPatch Filev27264003 cc2000_patch_linux_v27264003.bin
WindowsPatch Filev27264003 cc2000_patch_win_v27264003.zip
LinuxPatch Filev27263002 cc2000_patch_linux_v27263002.bin
WindowsPatch Filev27263002 cc2000_patch_win_v27263002.zip
LinuxPatch Filev26254002 cc2000_patch_linux_v26254002.bin
WindowsPatch Filev26254002 cc2000_patch_win_v26254002.zip
WindowsPatch Filev25241003 cc2000_patch_win_v25241003.zip
LinuxPatch Filev25241003 cc2000_patch_linux_v25241003.bin
WindowsPatch Filev25241001 cc2000_patch_win_v25241001.zip
LinuxPatch Filev25241001 cc2000_patch_linux_v25241001.bin
WindowsPatch Filev23222002 cc2000_patch_win_v23222002.zip
LinuxPatch Filev23222002 cc2000_patch_linux_v23222002.bin
LinuxPatch Filev20193006 cc2000_patch_linux_v20193006.bin
WindowsPatch Filev20193006 cc2000_patch_win_v20193006.zip
LinuxPatch Filev20193005 cc2000_patch_linux_v20193005.bin
WindowsPatch Filev20193005 cc2000_patch_win_v20193005.zip
LinuxPatch Filev20193003 cc2000_patch_linux_v20193003.bin
WindowsPatch Filev20193003 cc2000_patch_win_v20193003.zip
WindowsPatch Filev20193002 cc2000_patch_win_v20193002.zip
LinuxPatch Filev20193002 cc2000_patch_linux_v20193002.bin
アップグレードソフトウェア
LinuxUpgrade Softwarev2.7.264 cc2000_upgrade_linux_v2.7.264.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.7.264 cc2000_upgrade_win_v2.7.264.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.7.263 cc2000_upgrade_win_v2.7.263.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.7.263 cc2000_upgrade_linux_v2.7.263.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.7.261 cc2000_upgrade_win_v2.7.261.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.7.261 cc2000_upgrade_linux_v2.7.261.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.6.254 cc2000_upgrade_linux_v2.6.254.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.6.254 cc2000_upgrade_win_v2.6.254.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.5.241 cc2000_upgrade_win_v2.5.241.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.5.241 cc2000_upgrade_linux_v2.5.241.bin
LinuxUpgrade Softwarev2.3.222 cc2000_upgrade_linux_v2.3.222.bin
WindowsUpgrade Softwarev2.3.222 cc2000_upgrade_win_v2.3.222.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.2.212 cc2000_upgrade_linux_v2.2.212.bin
WindowsUpgrade Softwarev2.2.212 cc2000_upgrade_win_v2.2.212.zip
WindowsUpgrade Softwarev2.2.211 cc2000_upgrade_win_v2.2.211.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.2.211 cc2000_upgrade_linux_v2.2.211.bin
WindowsUpgrade Softwarev2.0.193 cc2000_upgrade_win_v2.0.193.zip
LinuxUpgrade Softwarev2.0.193 cc2000_upgrade_linux_v2.0.193.bin
LinuxUpgrade Softwarev1.0.096 cc2000_upgrade_linux_v1.0.096.bin
WindowsUpgrade Softwarev1.0.096 cc2000_upgrade_win_v1.0.096.zip
WindowsUpgrade Softwarev1.0.094 cc2000_upgrade_win_v1.0.094.zip
LinuxUpgrade Softwarev1.0.094 cc2000_upgrade_linux_v1.0.094.bin
LinuxUpgrade Softwarev1.0.092 cc2000_upgrade_linux_v1.0.092.bin
WindowsUpgrade Softwarev1.0.092 cc2000_upgrade_win_v1.0.092.zip
Hyper-vサーバー用ユーティリティ
Utility For Hyper-V Serverv1.0.080 utility-for-hyperV-server-configuration_dotnet40_v1.0.080.zip
Utility For Hyper-V Serverv1.0.079 utility-for-hyperV-server-configuration_dotnet40_v1.0.079.zip
Utility For Hyper-V Serverv1.0.076 utility-for-hyperV-server-configuration_dotnet40_v1.0.076.zip
Utility For Hyper-V Serverv1.0.071 utility-for-hyperV-server-configuration_dotnet35_v1.0.071.zip