お問い合わせ | 製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーポータル |

32入力32出力モジュール式マトリックススイッチャー(4K60p対応)

新製品
VM3250
  • ATENモジュール式マトリックスソリューションは8×8個のI/Oスロットを介して32×32のI/O接続を提供
  • 複数の操作方法 - フロントパネルのプッシュボタン、RS-232/RS-485/RS-422経由のシリアル制御、およびイーサネット経由のWeb GUI/Telnet接続によるシステム管理
  • ビデオマトリックススイッチャーコントロールアプリを使用することにより、映像機器へのアクセス性と操作性が向上
  • 4K60p解像度 - 最大4096×2160/3840×2160@60Hz(4:4:4)の非圧縮ビデオ解像度に対応※
rohs

VM3250は、一つの筐体からローカルやリモートにある複数のA/V入力機器とディスプレイにアクセスして、これらの機器をリアルタイムで切り替えることができます。VM3250を使用すると、ユーザーはフロントパネルにあるボタンを押すだけで、ビデオやオーディオコンテンツを個別に切り替えて、様々なモニター、ディスプレイ、プロジェクター、スピーカー等へ直接送信することができます。内蔵のスケーラーはビデオフォーマットをエンコードすることで、シームレスでリアルタイムな切替を提供します。また、フロントパネルのLCDには、動作中のポート接続がわかりやすく表示されます。また、EDIDモードを選択すれば、異なるモニター間でも最適な解像度を得ることができます。

 

信頼性が高く洗練されたデザインを誇る本ソリューションは、A/Vのマトリックス切替とコントロールを最良の方法で実現します。また、場所を問わずネットワーク経由でのアクセス手段として組み込まれているGUIは、アワード受賞によっても評価されています。直感的なWebインターフェースを使用して、リアルタイムのライブストリーミングでビデオソースをプレビューしたり、ビデオウォールを簡単に設定したりできます。カレンダーベースのスケジューリング機能を使用すると、カレンダービューを介して接続プロファイルを一定期間キューに入れて再生できるため、関連する操作コストを削減することができます。

 

VM3250は簡単に拡張可能で、ホットスワップ対応のATEN I/Oボードのラインナップに対応しています。自動信号変換機能を搭載しており、光ファイバー、HDBaseT、DisplayPort、HDMI、DVI、3G-SDI、VGAなど、様々なデジタルとアナログのビデオインターフェースを組み合わせることができます。本製品は柔軟性と拡張性により、放送局、交通機関のコントロールルーム、救急サービスセンター等の大規模でハイスピードなA/V信号の送信を必要とする用途に最適です。

同梱品

  • 電源モジュール×1
  • ターミナルブロックコネクター×1
  • 電源ケーブル×1
  • クイックスタートガイド×1
  • ATENモジュール式マトリックスソリューションは8×8個のI/Oスロットを介して32×32のI/O接続を提供
  • 複数の操作方法 - フロントパネルのプッシュボタン、RS-232/RS-485/RS-422経由のシリアル制御、およびイーサネット経由のWeb GUI/Telnet接続によるシステム管理
  • ビデオマトリックススイッチャーコントロールアプリを使用することにより、映像機器へのアクセス性と操作性が向上
  • 4K60p解像度 - 最大4096×2160/3840×2160@60Hz(4:4:4)の非圧縮ビデオ解像度に対応※
  • スケーラー機能 - 入力機器の解像度を最適な表示解像度に合わせてスケーリング可能※
  • シームレス切替機能 - フレームバッファーによる継続的なビデオストリーム、リアルタイムな切替、安定した信号送信が可能※
  • ビデオウォール出力対応 - ビデオウォールのレイアウトはわかりやすいブラウザGUI経由で簡単に設定可能
  • ライブストリーミング機能 - 1系統のソースをWeb GUI経由でライブストリーミングできるため、出力の確認が容易に
  • 内容とレイアウトのプレビュー - Web GUIでソースメディアのサムネイルを表示し、プロファイルの設定を簡素化
  • カレンダーベースのスケジューリング機能で、接続プロファイルをリアルタイムクロックと同期させて再生可能
  • EDIDエキスパート機能(エミュレーション機能) - スムーズな電源投入、高品質表示、異なる画面間において最適な解像度を使用するために、最適なEDID設定を選択可能
  • オーディオ対応 - HDMI信号からのディエンベデッドおよびアナログステレオオーディオのエンベデッドが可能※
  • オプションの冗長電源で、ミッションクリティカルな用途でも信頼性を確保
  • 光ファイバーまたはHDBaseT I/Oボードおよびエクステンダーを介した長距離伝送をサポート
  • メンテナンスが容易なホットスワップ対応入出力ボード、ファンモジュールおよび電源モジュール
  • HDMI ESD保護機能搭載
  • ラックマウント(9U)対応

※注意

1. 入出力ボードにより対応可否が異なります。

2. シームレス切替を有効にした場合、ビデオ出力は3D、Deep Colorやインターレース(例:1080i)を表示できません。これらの機能を使用する場合は、シームレス切替機能を無効にしてください。

ボード入力スロット×8

ボード出力スロット×8
ビデオ入力
インターフェース入出力ボードに準ずる
最大データ伝送速度22.5 Gbps
オーディオ
出力入力ボードに準ずる

入力出力ボードに準ずる
制御
RS-232コネクター:DB-9ピン メス×1(Black)
シリアル制御 ピンアサイン:ピン2=Tx、ピン3=Rx、ピン5=Gnd
ボーレート/プロトコル:ボーレート:19200、データビット:8、ストップビット:1、
パリティ:無、フローコントロール:無
RS-485/RS-422コネクター:5極着脱式ターミナルブロック×1

イーサネットコネクター:RJ-45 メス×1
EDID設定EDIDモード:デフォルト/ポート1/リミックス/カスタマイズ(EDIDウィザード対応)
コネクター
電源3極AC電源ソケット×1
電源
電源仕様<入力電力定格>
AC 100~240V; 50/60Hz; 1.0A
(日本仕様はPSE対応 3P/100V電源コードを同梱)
消費電力AC110V:800W:239BTU
AC220V:800W:236BTU
動作環境
動作温度0~40℃

保管温度-20~60℃
湿度0~80% RH、結露なきこと
ケース
ケース材料メタル

重量18.2 kg
サイズ(W×D×H)482×471.9×399mm
ラック高さ(Uスペース)9U


クイックスタートガイド

vm3250_video_matrix_switch_qsg.pdf (1.82 MB)

説明バージョンリリース日ファイル名
Firmware Upgradev1.1.1012020-09-23 vm3250_v1.1.101.zip
お問い合わせ、技術サポートはATEN eServiceまで