製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーポータル | eShop

IP-KVMアクセスコントロールボックス

新製品
2XRT-0015G
  • トランスミッターのローカルコンソール側のユーザーが操作ボタンを押下するだけで、レシーバーの操作権限を有効/無効に切替可能
  • プラグアンドプレイ - トランスミッターとレシーバーのいずれにおいてもソフトウェアのインストールは不要
  • USBバスパワー設計 - 外付け電源アダプター不要
  • 簡単操作
rohs

2XRT-0015Gは、操作ボタンを押すだけでレシーバーの操作権限を有効/無効に設定できるIP-KVMアクセスコントロールボックスです。2XRT-0015GをKEシリーズ※1のトランスミッターにセットアップすると、レシーバーの操作権限の設定を素早くかつ簡単に行うことができるため、ローカルコンソール側のユーザーだけが操作できるように制限をかけることができます※2

2XRT-0015Gのセットアップは、本体のケーブルをKEトランスミッター※3に接続するだけですので、簡単で時間もかかりません。プラグアンドプレイ対応のため、ソフトウェアのインストールやデバイスの設定は不要です。さらに、製品本体のケーブルは5mありますので、トランスミッターを長距離延長し、機器の配置を自由に行えるのが特長です。

注意:

※1 2XRT-0015Gに対応した製品は、弊社Webサイト(https://www.aten.com/jp/ja/)にてご確認ください。

※2 トランスミッターのリア側にあるスライドスイッチを「RS-232 CONFIG/ACCESS CONTROL」の位置に切り替える必要があります。

※3 2XRT-0015GのRS-232コネクターをKEトランスミッターのRS-232ポートに接続し、また、USBバスパワー給電を行うため2XRT-0015GのUSBコネクターをコンピューターに接続してください。

※4 本製品はCN8000Aとの組み合わせの際、MACアドレスの登録にてご利用可能な為、製品ご購入後にMACアドレスを開示頂く必要がございます。

同梱品

  • ユーザーガイド×1
  • トランスミッターのローカルコンソール側のユーザーが操作ボタンを押下するだけで、レシーバーの操作権限を有効/無効に切替可能
  • プラグアンドプレイ - トランスミッターとレシーバーのいずれにおいてもソフトウェアのインストールは不要
  • USBバスパワー設計 - 外付け電源アダプター不要
  • 簡単操作
  • 長さ5mのケーブルにより柔軟なセットアップを実現
コネクター
リンクUSB、PS/2、RJ-11、RS-232
LED
ステータス押下時:点灯(Red)
押下終了時:消灯
ケース
ケース材料プラスチック
重量0.43kg
サイズ(W×D×H)72×103.9×110mm