お問い合わせ | 製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーポータル |

再起動のために現場に駆け付けるなんて…もうイヤ!

システム運用保守の省力化に |
電源リブーター

4ポート 電源リブーター
PE4104AJ

    【活用シーン】
  • ネットワーク機器保守
  • WiFiルーターの死活監視
  • 入館システム保守
  • 商業サイネージ保守
  • 気象監視システムの保守 etc.

4ポート 電源リブーター PE4104AJ

    【活用シーン】
  • ネットワーク機器保守
  • WiFiルーターの死活監視
  • 入館システム保守
  • 商業サイネージ保守
  • 気象監視システムの保守 etc.
PE4104AJ製品

ATENのリブーターとは?

ATENのリブーターとは?

リブーター「PE4104AJ」は、ネットワーク経由でのリモート制御機能と、 AutoPingによる死活監視機能 をそなえた電源制御装置です。
IT機器の死活監視、電源のリモート制御・スケジュール管理が必要なシーンにおいて 低コスト×ミニマム構成ですぐにでもご活用いただける製品です。
機器がフリーズしてしまいPingに応答しなくなった接続機器を検出し、自動で電源の再起動を行います。また、TCP/IPネットワーク経由で接続機器の電源をリモート制御できるため、無人環境にあるネットワーク機器やセキュリティカメラなどのフリーズを遠隔から対処することができます。

PE4104AJ_保守対象デバイス

活用シーン

PE4104の活用シーン

死活監視に加え、これまで現場に駆けつけて対処していた作業を遠隔から行うことができるため、システム運用保守の省力化へ大幅に貢献 することが可能です。

特長・機能

01

自動リブート機能
(死活監視)

一定の間隔で接続機器にPingを送り続けることで、接続機器の死活監視を行います。フリーズしてしまいPingに応答しなくなった接続機器を検出し、自動で電源の再起動を行います
電源投入時には、アウトレットごとに電源投入シーケンスと任意の遅延時間を設定できる ため、既存のシステム構成に合わせた柔軟な電源投入を行うことが可能です。

PE4104AJ_保守対象デバイス

02

ブラウザからの
リモート制御に対応

TCP/IPネットワーク経由で接続機器の電源をリモート制御できます。
例えば、無人環境にあるネットワーク機器やセキュリティカメラなどに異常が発生した場合にも、現場に駆けつけることなく遠隔から電源OFF/ONの一次対処をすることができます。

「再起動のためだけに現場に駆けつけなくてはいけない…」という状況を解消し、システム運用・保守の負担およびコストを削減します。

03

スケジューリング機能

Daily (日次)/ Weekly (週次)/ Monthly (月次)ごとに対して、計画された電源の自動制御プランを設定することが可能。
計画制御によって、保守業務の負担軽減や、コストの削減に貢献します。

PE4104AJの使い方 PE4104AJの使い方

>動画で詳しく見る

04

本体ボタン(ローカル)&外部制御に対応

製品本体にあるプッシュボタンでも電源のON/OFFが行えます。
なお、誤操作防止のために当該ボタンは「3秒長押し」で作動するよう安全面に配慮された設計となっております。

外部制御はWeb GUIをはじめ、Telnet、SNMP等に対応しています。

\お見積り・仕様など
お気軽にお問い合わせください/

\お見積り・仕様など
お気軽にお問い合わせください/

お問い合わせはこちら

製品仕様

PE4104AJ_製品仕様の説明

電気仕様
定格入力電圧AC100~120V
最大入力電流15A(最大)
入力周波数50~60 Hz
入力側インターフェースNema5-15P
負荷容量1800VA(最大)
アウトレットタイプNema5-15R×4
定格出力電圧AC100~120V
最大出力電流(アウトレット)15A(最大)
最大出力電流(バンク)15A(最大)
最大出力電流(合計)15A(最大)
ブレーカー
計測
アウトレット切替
消費電力AC110V:3.1W:20BTU
AC220V:3.5W:22BTU
ケース
サイズ(W×D×H)44×115×200mm
重量0.9 kg
電源ケーブル長1.8m
動作環境
温度(動作/保管)0~50℃/-20~60℃
湿度(動作&保管)0~80%RH、結露なきこと
規格準拠
EMC認証CE-EMC
安全性検証CE

\お見積り・仕様など
お気軽にお問い合わせください/

\お見積り・仕様など
お気軽にお問い合わせください/

お問い合わせはこちら