製品の購入方法 | オンラインストア | パートナーポータル | eShop

ALTUSEN LCD KVMドロワーのゼロ・デッドピクセルに関するポリシー

説明:

  1. ALTUSENシリーズのLCD KVMドロワーを購入いただき、LCDパネルにデッドピクセルが見つかった場合、交換を申請していただくことが可能です。この場合、領収書など購入を証明できるものをご用意の上、特定の期間内に申請を行ってください。交換の際には、製品本体および付属品をすべて購入時の製品パッケージに入れてください。なお、交換申請は製品をお求めになった販売店経由で行うことができます。
  2. 期限:本ポリシーは購入日(製品保証開始日)から3ヶ月以内に有効です。また、デッドピクセルが見つかった場合には、新品と交換致します。

  3. デッドピクセルの定義:本ポリシーで定義される「デッドピクセル」は、画面がすべて黒色の背景であるにもかかわらず、不適切に点灯しているピクセルのことを指します。これ以外の不正なピクセルは、「欠陥ピクセル」と見なされます(すなわち、その他の背景色に反して不適切に点灯するピクセルも「欠陥ピクセル」です)。この「欠陥ピクセル」については、本ポリシーによる保証の対象外となります。
  4. この保証制度は、購入後3ヶ月を超えた製品については適用されません。
  5. 本ポリシーは、ALTUSENシリーズの15インチおよび17インチのLCD KVMドロワーに対してのみ適用されます。
  6. 製品がお手元に届きましたら、ATENオンラインe-supportプラットフォーム(http://eservice.aten.com)にアクセスし、製品登録と製品保証内容をご確認ください。

 

注記:

  1. ATENの「ゼロ・デッドピクセル保証」のポリシーは地域によって異なる場合があります。本ポリシーの具体的な内容については、製品をお求めになった地域の販売代理店までお問い合わせください。
  2. LCD(液晶ディスプレイ)パネルは、数百万個のトランジスタから構成されていますが、このうちの1つでも不具合が起こると、「デッドピクセル」が発生します。今日の半導体製造過程は、90%を超える生産量を達成していますが、LCDパネルにおけるデッドピクセルの発生は避けられません。このため、お客様の権利を保護すべく、多くのメーカーではデッドピクセルに関するガイドラインを定めています。例として、日本の大手メーカーでは、パネルあたりの故障率が5~8ピクセルまで許容されています。弊社では、お客様に最高の表示品質を保証すべく、ALTUSENシリーズのLCD KVMドロワーの製品に対して厳格な基準を設けております。万が一、本ポリシーが定める期間内に、お使いのALTUSEN LCD KVMドロワーのLCDパネルでデッドピクセルが見つかった場合、新品交換いたします。本ポリシーに関して、ご質問やご不明な点がございましたら、カスタマーサービス担当まで、お気軽にお問い合わせください。
    • 本ポリシーは予告なしに変更される場合があります。
    • ATENは上記ポリシーについて、修正、明示、および説明する権利を有します。